いそべさとしのホームページ 【お知らせ】

・広島県に派遣する若手クラシック演奏家を募集しています!
・1/23(土)富山県高岡市 前田啓太パーカッションリサイタル
・2/20(土)岐阜県岐阜市 アウトリーチフォーラムガラコンサート
更新状況
・1/5 2016年新年のご挨拶更新。
・1/5 トップページ写真集更新。

今後の予定
・〜2017.3東京におります
人生の夏休み?できる限り遊び尽くします!
・更新滞ってます
プライベートが充実しているとこちらが滞ります(^_^;)
近況等はよろしければFacebookツイッターで!
ほぼ演劇日記(旧「2日に1回日記」→「不定期日記」)
Contents

※どちらかというと「業界側」の人になってしまったので、若干、素直な感想が書きにくくなっています。当面、観に行ったものの記録にとどめる予定です。


引き継がれていく思いと感動と
(劇団太陽マジック「ゆらり2015」感想)

・母娘3代をつなぐオムニバスの3つの物語。最初に散々笑わせて、次に朗読劇でしっかりと感動させて、最後にストーリーと登場人物たちをしっかりと結ぶ。太陽マジックの代表作であり、西条みつとし氏の持ち味が生かされた名作。
・緩急のつけ方は独特で、ある意味テレビ風、あるいは吉本風なのかなとも思ったり。前回は第2部(らストの手紙)が好きだったが、今回はどちらかといえば第3部(りモコンのくれた時間)が心に残ったかなと。照明とも相まって、ラストの方の流れがとてもきれいでした。
・一方で、「再演」の意味というのも考えてみたり。若干謎解き風のところもあるので、やはり前回ほどのインパクトはなかったんですよね。あと、太陽マジックといえばの諏訪井モニカさんがいなかったのも多少寂しかったり。役者の劇団員はおひとり(細田香奈さん)なので仕方ないんですけどね…。
・とはいえ、やはり初めての人にとっては衝撃的ですし、2回目の自分も涙腺がゆるくなるシーンも多々。いい作品だからそのままに(違ったメンバーで)上演するというのも、商業的には十分あるわけで。ただ、まだ8回公演ということでファンとしてはいろんなチャレンジも見たいなと。
・お気に入り劇団の一つ「太陽マジック」。おそらく関西に来てくれることはないと思うので、東京にいる間にできるだけ見ておきたいなあとは思っているのです。次回作は11月とのことで、お仕事予定と割とどんかぶりですが、何とか行きたいと思います!(2015/6/19観劇)

生きていく、そのところどころに楽園が。
(南河内万歳一座「楽園」感想)

・複雑で不可解で迷路のような時代であっても、どのような喪失感や不安があっても、結局は前に進んでいく中にしか「楽園」はない。ドタバタしていて、若干わかりにくくて、でもメッセージはストレートで。南河内らしい名作品であったと思う。
・生と死の世界に行ったり来たりしているように見えながら、結局死者の世界にいるのは内藤さんが演じる役だけだったようで(雑草の生えた自転車をもって移動するラストシーンは秀逸)。結局、死(≠死者)の価値なり意味なりというのは、生きている人が決めていくんだなあとか。
・南河内の客演常連の岡部尚子さんが相変わらずのインパクト。あと、木村基秀さんの抑え気味な演技がなかなか素敵。それぞれが自分のポジションをしっかり主張しつつ、全体としてちゃんと芝居が出来上がるのが内藤流なのかなとか。今回は役者・内藤裕敬もなかなかでした。
・ちょうちんを多用した舞台美術は、やはり生と死をイメージしているのかなとか。一幕ものであれだけの世界を描き切るのは流石。シーンに合わせて割と細かく明かりの変化はあり、特に月明かりは非常にきれいでした。
・関東で大阪のお芝居が見れるのは嬉しいし、平日の夜でも客席満席というのもさすが。今回、知っている人の出演がなかったのは残念でしたが、そこはまたの機会を楽しみにしつつ。スズナリ&南河内、独特の世界観を存分に楽しませていただいた、東京初日でした。(2015/6/17観劇)

→過去の「ほぼ演劇日記」はこちらへ


旅行・鉄道関係
海外旅行(2015.6.1更新)
 2015年はできたらヨーロッパに行きたいなと。もちろんアジアにもぼちぼちと。
国内旅行(2013.11.3更新)
 1週間弱の長期旅行から、日帰り旅行まで。人と味と町との出会いがあります。
全国中央駅めぐり(2010.4.27更新)
 全国にある「中央駅」を回ってみました。全25駅+番外編を予定。完成時期は未定。
兵庫・神戸 地元紀行(2011.11.12更新)
 地元の兵庫・神戸を旅人として旅してみました。なぜか建築物とグルメに偏っている気が…。
舞台関係
僕の舞台記録(2015.6.1更新)
 スタッフとして関わってきた舞台や、観客として見てきた舞台の一覧と感想。2015年分はこちら
僕の舞台技術学校日誌(2010.4.21完結)
 21年4月から22年3月まで公立の舞台技術学校に通っていました。防備録&ご紹介として。
その他・昔のもの
その他もろもろ(2015.3.11更新)
 本能と好奇心の赴くままに、全体構成を考えずに作ってしまったページたちです。
プロフィールなど(2015.5.30更新)
 このページの作者・管理者であるいそべさとしが何者なのかについて、簡単に記載しました。
過去に作ったもの(2000年ごろまで)
 ページ自体が伝説になりつつある「筑波研究学園都市のなぞ」や震災時の磯部家など。
Copyright with S.ISOBE(1995-)(isobe@isobesatoshi.com) このホームページはいそべさとし個人が趣味として作成・運営しています。